産後の繰り返しできてしまうニキビ対策に漢方薬の有効性は?

産後のニキビに漢方が効果的なのか調べてみました*ポイントも併せて
お産ストックのある方は産後、ニキビが出来たり素肌が
荒れたりという妨害に遭われたことがあると、
思いますが、素肌が荒れ始めたのは化粧品が合わなく
なってきたからだと思う方も多いと思います。

 

 

しかしながらそれは化粧品の問題ではなく、
ホルモンばらまきの異常や産後のストレスから
来ているものだと言われています。

 

 

そこでニキビを改善するために思い切り用いられるのが
漢方薬ですが、漢方薬にもさまざまな型式があり、
その人の疾患によっても摂取するパターンが変わってきます。

 

 

例えば、自律地雷のばらまきが乱れている場合は
加味逍遙散(かみしょうようちゃん)up四雑貨湯(しもつとう)、
腹部が弱っているときは補中益思い湯(ほちゅうえっきとう)、
血行が低いときは生録化湯(せいかとう)というように
型式を使い分けることが大切です。

 

 

漢方の強みとしてはさまざまな型式があると
いうことが挙げられますが、弱点としては
間違ったタイプを摂取してしまうと疾患が悪化して
しまう恐れがあるので、産後ニキビ世話を行う場合は
慎重に判断して下さいね。

 

漢方薬を使うよりもリプロスキンのように肌の再生化に一役買うことができる
リプロスキンのようなスキンケアのほうが良いでしょう。